子育てお父さん日記

2017年9月からキチンとアフィリエイト始めます

すぐに緊張する私がプレゼンをうまく乗り切る方法を考える

f:id:smzats2017:20160726222532j:plain

おはようございます。

今年もあと少しですね。

今度、会社でプレゼンをさせて頂く機会を頂きました。

人前で話すことは、結構ヘタクソだと自負しています!

しかも、緊張します・・・・(みんな一緒ですかね?)

 

以前も人前で話すことがあったのですが、その時は緊張しない方法をいくつも考えて実践してみました。

・人という字を書く

・実はみんな話を聞いていない

・かぼちゃだと思え

・笑ってみる

・ゆっくり話す

などなど・・・・

そこそこ効果があったような行動内容もありましたが、私にはあってないような

気がしました。

そこで、今回は考え方を少し変えてみました。

 

 

プレゼンをうまく乗り切る方法を考える

そうなんです。緊張はしてしまうので、なるべく緊張しても大丈夫なように

話す内容をしっかりと決めて、テンプレートにして臨むことにしました。

1)テーマをキチンと決める

これは、自分の話がぶれないようにするため。

また、このテーマがないと相手になかなか伝わらないと思う。

【誰に、何を、どれくらい、どのように、】ってところですかね。

 

2)始まったらすぐに興味を引きつける

自分が有名な人だったり、話す相手が自分よりも立場が下の方だったりすると

興味を持ってもらえたり、話し出すときに視線を集めることができます。

しかし、私はそうではないので私から発する【言葉】でみている方を惹きつけないといけません。

そこで、ネットと同じようにしてみました。

「◯◯◯が出来るようになる5つの方法」

「◯◯◯がおすすめするアイテム7選」

みたいなやつですね。

自分が取り扱う内容のメリット・デメリットを合わせて5点ぐらいあげてみます。

考えているときは、否定的な言葉(でも、しかし)を避けて、肯定的・建設的な言葉(だから、なので)を使うように心がけます。

例えば、この商品は重たい >>> だから重厚感がある  みたいなw

 

3)似ている商品やライバルとの比較を伝える

要するに「差別化」というものですね。価格や場所、ターゲット層などなど

いろんなところに違いを見つけることが出来るはずです。

その差別できた部分がプレゼン相手にとって、どんなメリットがあるかも

伝えられたらベストですね!

 

4)メリットの点と比較を並べて説明

↓↓↓例↓↓↓

◯◯がすごい3つのポイント

1.◯◯が良い

2.◯◯も使ってる

3.実は◯◯はとっても手軽に使える

4.◯◯と△△を比較

5.まとめ

 このように項目をまとめてみました。

やってみるとプレゼンの組み立てがうまくいきました!

今までは、乱雑に箇条書きしてみたり、マイナスなイメージで作ったりしていたので

それから比べると断然し易いw

あとは、使う言葉の内容を相手がイメージしやすい言葉に変えたり

印象に残りやすい言葉に変えたりすると、より良くなっていくと思います。

 

もっとよく知ってる人もいらっしゃると思うし、喋りが上手な人も

いらっしゃると思います。

 

私は、まだまだですがすこしでも参考になればと思います。